2015年06月の思いつき


南欧ではなく南米

ギリシャの「お金返せません!」宣言に、南欧諸国が呼応することを恐れていたら、木霊が南米から返ってきたようです。

米国自治連邦区プエルトリコが、720億ドル(約9兆円)の債務の弁済が不可能であると宣言したと報じられています。

一年前にニューヨーク連銀総裁がプエルトリコの債務については維持不可能であると警告しており、米国のギリシャと呼ばれていたとの記述もあります。

プエルトリコの知事は「債務を支払うことはできない」と言っているらしいのですが、ギリシャ問題でもよく耳にするこの「ない袖は振れない」発言が、正当化されつつあるようで気になります。

ユーロ圏からの離脱が取りざたされているギリシャ。
米国からの独立運動がくすぶるプエルトリコ。

収入は観光資源のみ、というのも共通です。

観光立国であり続けるためには治安の維持が一番です。各国国民は妙な方向に暴走しないことを願います。

寺本名保美

(2015.06.30)



売り買いともにお休み

ギリシャ交渉の決裂後の東京市場は、とりあえず最低限のインパクトで収まっているように見えます。

リーマンショックの時もそうですが、週末にイベントが発生し一番始めに開く主要市場として、東京市場は大変大きな役割を果たしています。

特に現在、黒田総裁が仁王立ちしている東京市場には、妙な安心感というか期待感があるのは確かです。

逆に言えば為替にしても株価にしても、東京市場では売りにくい。

今日の東京市場の日中の落ち着きが、今回のギリシャショックの反応を全て表していると思うのは楽観的すぎるものの、元気な米国とバズーカをちらつかせる日本が居る限り、そう深押しもできないようにも思えます。

いずれにしても、今は売り買いともお休みです。

寺本名保美

(2015.06.29)



ハラ が嫌い

最近の「**ハラ」という、4文字がどうも好きになれません。

パワハラ・マタハラ・オワハラ・……

そうした行為は良くないとして、軽いカタカナ言葉で一般化してしまうことが、物事を却って悪化させているように思えるからです。

「**ハラ」と一括りで処理してしまうことで、そうならないための事前のコミュニケーションをとる努力とか、揉めそうになる直前の納め方とかの、人間力がどんどん失われていきます。

ハラスメントという言葉は元々「嫌がらせ」という意味を持ちます。
「**ハラ」という表現の多様は、日本の社会中に「加害者と被害者」という構図をまき散らしているように見えるのです。

基本的に「戦う」という言葉が嫌いな私の性格なのかもしれませんが…

寺本名保美

(2015.06.26)



ギリシャのアウトと欧州のセーフ

今の金融市場が基本的な金余り状態であるために、どうしても物の見方が楽観的な方向に振れやすくなります。

要するに、何か買いたくてしかたがなく、売って現金にしたところで他に持って行く場もない、という人たちがうろうろしているということです。

この1週間のギリシャ問題について、傍からみていると解決に向かって進展しているようには全く見えないにも関わらず、市場では妙な楽観論が漂っています。

この楽観論の根拠は、「ギリシャのソフトランディング」を視野においているものではなく、「ギリシャのハードランディング+欧州全域のソフトランディング」を前提としていそうなところに、危うさも感じます。

6月末にどちらに転ぶかを、議論することは、とても虚しい作業のように思えるのです。

寺本名保美

(2015.06.25)



抜本的な強化、だそうです。

「資産運用業界の抜本的な強化が必要。
市場活性化有識者会合」

文言には100%同意するものの、このあと何が出てくるかについては、嫌な予感…

話題にしてもらえるようになっただけでも、長足の進歩ではありますが。

寺本名保美

(2015.06.24)



まるで経営コンサルタント会社のような政府

昨日発表された政府の成長戦略にはかなりの失望感があります。

民間企業が成長してこその、国の成長であることは認めますが、企業の成長路線を政府が敷いてしまうような表現に違和感を感じるのは私だけではなさそうです。

政府というものが、米国のITバブル前の情報ハイウェイ戦略や、足元のエネルギー革命のように、本当の意味でのインフラで世の中の方向性を大きく変えることはできるかもしれませんが、今の日本で行われていることは、政府が何か経営コンサルティングをしているかのような印象を受けます。

身銭は切らず、お財布の口を閉め、口だけは出して、過干渉。

少し度が過ぎているようにも思うのですが。

寺本名保美

(2015.06.23)



良い内科医を目指す

内科のお医者様から聞いたお話。

「外科や専門医の話は難しい。そもそも彼らは独りよがりで患者さんの話を聞かない。

一方で内科は、どこに問題があるかを見極めるために、とにかく患者さんの話を聞く。

患者さんの気持ちに寄り添いながら、プロとして正しい判断ができるのが、良い内科医。」

業種は違うものの、よい内科医を目指そうと思い、とても納得しています。

寺本名保美

(2015.06.22)



ギリシャ国民は何を思う?

ギリシャが自らの債務不履行問題を「アクシデント」と表現することに苛立ちを覚えます。

EUとギリシャは18日の財務相会合で互いの譲歩が引き出せないまま、22日に緊急首謀会合が開かれることになりました。

他のEU加盟国がギリシャに対し譲歩しない結果として起きるデフォルトはEU自らが招いたアクシデントであるというギリシャ首脳の表現は、これからギリシャ国内で起きるかもしれない大混乱の原因がギリシャ政府ではなく、他のEU諸国にあるということを国内向けに主張しているようにも見えます。

ギリシャがユーロを離脱して独自通貨に戻った瞬間に起きる、ハイパーインフレ。
結果として、ギリシャ国内の実質購買力は激減します。
今年金をカットすることと、実質購買力が何10分の1になることと、どちらがギリシャ国民にとって幸せなのか?

今、ギリシャ国内で、国民の皆さんが何を思っているのか、ぜひ聞いてみたいものです。

寺本名保美

(2015.06.19)



こんな感じ

FOMC後のイエレン議長の記者会見は、比較的判り易い内容であったと思います。

*結局春先の景気減速は、冬場の寒波を受けての一時的なものであり、景気の基調は上を向いている。
*デフレの元凶であった原油価格の下落が止まったことで、緩やかなインフレに戻る基調は整った。
*巷で騒がれているドル高が米国経済に与える悪影響については気にしていない。
*唯一雇用の質にはまだ不安はある。

*とにかく今足元で金利が上がるかどうかという時期の問題はもういいから、今後趨勢的にどのようなスピード感で金利市場が形成されていくのか、について議論しましょうよ!
*ギリシャ、とか新興国とか、心配ではあるし、これまでも配慮してきたつもりだけど、だからと言ってこれ以上なにもできません。

って感じですか…

当初は言葉足らずの議長という印象があったのですが、ここにきて結構良いお仕事をしているようにも見えます。

寺本名保美

(2015.06.18)



謎の発行

トヨタの発行する新型AA種類株。
謎です。
なんというか「三方一両損」みたいな仕組みに見えます。

金融商品的に言えば、「議決権付き永久転換社債」という感じでしょうか。

投資家にとって「議決権」というものにどれほどの潜在価値を見出すことができるかにもよりますが、収益としてはあまり魅力はありません。

既存投資家にとっては元本リスクのない株主が登場することの是非もありますが、5年後に今回の投資家が買い取り請求や売却行動に一斉に出た時の株式市場へのインパクトが気になります。

発行体にとって、特に外部からの資金調達をする必要のないトヨタにとって、今回の公募にどういった意味があるのか、これが一番よくわからない。

誰かに大きな潜在リスクを負わせるわけではないものの、誰のメリットになるのかもよくわからない。

よくできたスキームというべきかどうか、謎です。

寺本名保美

(2015.06.17)



動けない

ギリシャ決裂前夜の様相である割には、欧州以外の市場は妙に落ち着いています。

株式だけでなく、為替も金利も、竦んだように動きません。

ギリシャ破たんの影響を甘く見ている、というわけではなく、

①結局ギリシャが譲歩して破たんしないケース
②ギリシャが破たんしたとしても、衝撃は一時的で、その後は材料出尽くし感から欧州市場が反発するケース
③ギリシャ破たんにより、米国が9月の利上げを先延ばしせざるを得なくなるケース
④ギリシャ破たん後の市場の混乱時には、欧州ともしかすると日本からも中銀のバズーカ砲が発射されるケース

等々、様々なシナリオが交錯する中、ショートポジションを持っておけば安心という状況でもなく、買い手だけでなく売り手も含め、リスクを落として様子を見ざるを得ないというところでしょう。

いずれにしても、一時的には大きな流動性が発生する可能性があります。ニッチな市場、小さな市場、信用リスクのある市場には警戒が必要です。

寺本名保美

(2015.06.16)



少し短期的に

4-5月と環境に振らされながらも順調に積みあがってきた市場収益率が6月に入って、伝統4資産全て単月マイナスになっています。

ここから年度内を見通した時、方向性からいえば、アベノミクス以来先行してきた株高を企業業績が追認していく、相場的に言うならば金融相場から業績相場へのシフトをメインシナリオとします。

そうは言っても、水準感から言えば、そろそろ警戒域であることは間違いないので、様々なショックには大きく反応する可能性があることは肝に銘じる必要があります。

来年の3月以降までを視野にいれるのであれば、リスク水準を特に下げる必要はないかもしれませんが、年内のどこかで収益を閉める必要があるような業態は、一旦は警戒モードに入ったほうがよいかと思っています。

ここから先は運用の時間軸を多少短めに切りながら、機動的に判断していく必要がありそうです。

寺本名保美

(2015.06.15)



ギリシャ第二ステージ

ドイツがギリシャのデフォルトに言及しています。

注目すべきは、ギリシャのユーロからの離脱を議論しているのではなく、ユーロ加盟国のデフォルトの議論をしている点です。

デフォルトという事象について、一段ハードルを下げた印象があります。

それだけ危機感が高まっているということなのか、ギリシャに対する圧力の一環なのかはわかりませんが、この問題が新しいステージに突入したような印象を受けます。

少し振動が激しくなるかもしれません。

寺本名保美

(2015.06.12)



だるまさんが転んだ

昨日の黒田総裁と為替市場の関係をみていて、
「だるまさんが転んだ」
という声が、思い浮かびました。

鬼にストップ!と言われ、ピタッと止まる、大変に物分りのよい子供達です。

通常、為替市場においては、当局者が一定のラインを示すことは、むしろその水準を突破させるエネルギーの蓄積要因となるため、当局者は具体的なラインを示すような発言は控えるべきだとされているのですが、どうも今の為替市場と当局との関係にはそういった緊張感が感じられません。

実際、この1-2年の為替市場の動向は、政府中銀の一挙一動を伺っているだけで、経済や財政環境等のファンダメンタルズを元に市場が自らあるべき水準を定めに行くような構造にはなっていません。

親の干渉が強すぎると、ひ弱な子供しか育ちません。

寺本名保美

(2015.06.11)



好きでなければ

昨日の続きで思ったこと。

この仕事をする前、証券会社で長いこと法人営業をしていました。

その時から今に至るまで、自分の取り扱っている商品やサービスが私はずっと好きでした。

言い方を換えるなら、私の仕事は常にその商品やサービスを好きになるところから始まり、好きでいることができなくなったら、すっぱり辞める、ということを繰り返してきました。

今の日本の資産運用業界の人達、本当にこの仕事が好きなのでしょうか?
もちろん三度の飯より好きというファンドマネージャーやアナリストは別として、運用機関の経営や企画や営業方針をたてている偉い人達の中で資産運用業が好きです、と言える人がどれほどいるのでしょう?

私の人生において、証券会社で働いてきた年月よりも、この仕事での年月の方が、いつの間にかはるかに長くなっています。
やっぱりこの仕事が好きなのでしょう。

寺本名保美

追伸
黒田総裁の国会答弁、朝の10時過ぎから始まって午後になってもまだ続いています。止まらない黒田総裁発言に為替市場は大荒れ。仕事が好きなのは良いのですが、話し過ぎは少し迷惑かも…

(2015.06.10)



停滞感

各種イベントはあったものの、基本的には2009年以降の一貫した金融相場において、持っていれば何でも儲かってきたこの5年。

しかたがないことではありますが、資産運用業界に停滞感が漂います。

ヘッジファンドが衰退気味であるといわれるのも、本当のことを言えば、市場が右肩上がりであるなかにおいて、コストや手間を掛けて売り買いを組み合わせる必然性が、投資家サイドに乏しいからこそ言えること。

問題はここから先、再び右肩上がりではない環境となり、且つ各国の短期金利が投資家の満足がいく水準にまで到達しない状況が継続した場合、今のようなβだけに掛けるような投資スタイルでは成り立たなくなる局面が必ず来ます。

今の環境でコツコツとアルファの源泉を掘り続けていかなければ、本当にアルファが必要な時に掘り手が居ない、ということになります。

この停滞感が焦燥感に変わるのはいつでしょう?

寺本名保美

(2015.06.09)



亀裂の果て

経済指標と株式市場が連動しないケースや景気指標と個人消費が連動しないケースはどこの国でも見られることではありますが、今の中国のバランスの悪さは、やはり異常といった方がよいのではないかと思います。

経済の成長目標を切り下げ、金融緩和に踏み切り、株価を上げて資産効果も底上げしてはみたものの、経済指標に改善の兆しは見えません。

一方で中国人観光客の「爆買」に見られるような個人消費意欲が衰えている兆しは見えません。

この状態が続けば、株式資産を持って豊かになっている層と、その他の層との亀裂が危険な程大きくなり、結果、株式市場が崩壊するか、社会システムが崩壊するか、いずれかの道しかなくなります。

中国政府のコントロールが盤石であるということを前提にするならば、時々株価を急落させて特定の資産家に目に見える痛みを与えることで社会のガス抜きをしつつ、金融緩和姿勢は維持して景気のソフトランディングを狙う、というシナリオが現実的です。

外交よりも先にすべきことがあるだろう、というのは、日本も中国も同じですが。

寺本名保美

(2015.06.08)



金融資産と社会保障?

今朝の日経新聞に、「医療介護の負担額を金融資産に連動させる」との方針が検討されている、とあります。

報酬・配当・賃料などで一定の収入がある高齢者には、収入に応じた負担を求める、ということなら理解するのですが、「金融資産残高」を持ち出すのはやや極論のように思えます。

詳細は決まっていないのでしょうが、預金や投信として保有している人と、不動産として保有している人。銀行預金している人とタンス預金している人。金融資産を余資として保有している人と、借金と両建てになっている人。どう区別をしていくのでしょう。

定義一つで社会保障制度に対する不公平感が増幅されるだけでなく、日本の個人の金融投資への流れを再び逆流させる可能性もあります。

慎重な議論をお願いします。

寺本名保美

(2015.06.05)



債券なのに▲10%?!

30年国債金利が一日で0.2%も上がるということは、債券価格で100円に付5円近く売られるということです。

ドイツの30年国債利回りは、6月入ってからの3日間で0.4%上昇していますから、価格でいえばほぼ10円の下落です。

ドイツが一番極端に出ているものの、米国でも英国でも5年超の金利は月初から軒並み0.2%近く上昇しています。

前回のドイツ金利の急騰時とはことなり、今回は欧米の株式市場においては比較的冷静に債券市場の混乱を受け止めているようですが、新興国の株式市場はやはり動揺しているように見えます。

REITのような金利感応度の高い資産、高配当株のような金利感応度の高い戦略にとっても岐路となる可能性もあります。

特定の市場で大きな損失は、関係のなさそうな他の市場での資金フローにも影響を与えます。

主要株式市場の堅調さだけを見ていると、何かを見誤るかもしれません。

寺本名保美

(2015.06.04)



韓国の揺らぎというリスク

足元で、深く静かに進行しているリスクの一つに、韓国経済があるような気がしてなりません。

グローバルでのデジタル家電消費の一巡と日本での円安が重なり経済基盤が揺らぎつつある中で登場した現政権の政治基盤は揺らぎっぱなしで、政治経済に力がなくなっていく中で社会基盤の揺らぎも目につきます。

97年のアジア通貨危機の際は、韓国国民が保有している金やドルを売ってウォンを買い支えたことが有名になりました。
今の韓国国民に、あの時ほどの自国愛があるのかどうかも、疑問に感じます。

このところのMERS騒動が、弱っている韓国経済のトリガーにならなければよいのですが。

寺本名保美

(2015.06.03)



誰の責任って。

年金記録…

厚生年金基金廃止という唐突な政府の決定を受け、厚生年金基金にある膨大な記録と、年金機構が保有する膨大な記録とを、ただ今突貫工事で集約中。

マイナンバーができたらば、基礎年金番号はマイナンバーに集約?


で、今回流出した基礎年金番号は新しい番号に振り返る?

言うのは簡単ですが、実際の現場がどうなっているのか、全体像を把握している人はいるのだろうか。

年金のような巨大な個人情報を、あっちにやったりこっちにやったり、繋げたり、ばらしたり。

これだけ色々な人間や組織がいじくりまわしていれば、事故が起きないわけがない。

担当部署の責任ではないですよ。

政府の責任です。

寺本名保美

(2015.06.02)



天をみて憂う

足元のリスクシナリオを考えていると「日本の天災」というのが一番初めに挙がってきてしまうのに困惑します。

それだけ外部の経済環境が安定しているということの裏返しでもあるのですが、やや背伸びをしている今の日本の金融市場にとってダメージはやや大きく出る可能性があります。

個々は別として、集団としての個人というものの投資志向が時として驚くほどの先行性を持つことに考えを巡らすなら、株式や債券といった金融資産が、バブル崩壊後の高値を更新しつつある中において、不気味なほど静かな不動産市況というものが、日本の潜在的なリスク基盤の何がしかを表しているのかもしれないとも思います。

天が落ちてくることを心配するなど、文字通りの「杞憂」ではありますが、運用において爪を伸ばしすぎない、ことへの戒めとしては、頭の片隅に置いておいた方がよいかもしれません。

寺本名保美

(2015.06.01)


build by phk-imgdiary Ver.1.22