奇跡は続かない

今回の日本のコロナ対応が「日本の奇跡」になるか「日本の惨劇」となるか、二つに一つの大勝負は、とりあえず日本の奇跡で第一幕を終えました。

今世界から見えている日本は、ミラクルでありミステリーであり、呆れるほどのアナログ社会です。

当の日本に住む人々は、ミラクルを起こしてしまったために、アナログ社会であることのデメリットを深刻に受け止める機会をまた逃し、ミゼラブルな経験をした各国がなお一層のデジタル化に邁進する中、出遅れ感は半端なく広がっていくことになります。

原因不明のミラクルが時間を稼いでいるうちに、少しでも社会インフラの整備を進めないと、次に来るのは救いようのないミゼラブルかもしれません。

奇跡が二度三度と続くことを期待するのは、愚かな程の楽観者だけでしょう。

寺本名保美

(2020.05.28)



サービスの二極化

ここから先のサービスは、コストが二極化すると思っています。

多くのサービスはバーチャルで安価に提供される一方で、リアルでヒューマンなサービスには高額な付加価値が付くようになるでしょう。

例えば、劇場で演劇をリアルに観たいと思えば、従来の半数以下となった客席を従来の倍額の値段を払って観ることになり、方やバーチャルで良ければ安価な有料配信を自宅で気軽に観ることができる。

有名シェフの料理を除菌設備の整った快適な個室で味わうには酷く高いコストがかかるかもしれないが、快適な自宅に有名シェフの料理をいつでも取り寄せられるようにもなる。

バーチャルだから一概に味気ないということでもなく、リアルが時代遅れの遺物になるわけでもなく、どちらが好ましいかは消費者各々の価値観に
よって異なってくるでしょう。

こうした新たなビジネスモデル実現への最大のハードルは高付加価値に見合う価格の切り上げをどれだけ恐れずに進めていけるかです。

デフレ慣れした日本においては、かなり困難なチャレンジではありますが。

寺本名保美

(2020.05.27)



ヘッジファンド業界へのエール

株式市場の急落を経験する度に、ヘッジファンド業界への失望感に苛まれるのはどうしたものかと思っています。

リーマンショック以降、伝統的な資産運用会社においても、ロングショートや、キャッシュ化による元本確保などのヘッジファンド的な運用手法を積極的に取り入るようになり、ヘッジファンド業界の優位性はそもそも薄れています。

そういう意味において、現在のヘッジファンド業界というものが、高いレバレッジと低い流動性を担保にした、単なるハイリスクファンドになってしまったように思えなくもありません。

恐らくこうした感覚は、グローバルな投資家全般に共有されていて、だからこそ過去一年以上、ヘッジファンド業界からの投資資金は減り続けているのでしょう。

今回のコロナショックの結果を見ても、ヘッジファンドの「ヘッジ」という冠はお飾りか、と言いたくなるような有様です。

私が書くべき文章では無いのかもしれないと思いつつ、情けなさから書かずにはいられませんでした。

ヘッジファンド業界はどこへいく?

寺本名保美

(2020.05.26)



まだまだ慎重に

本日、緊急事態宣言が解除されました。

弊社においては当面の間、テレワーク等を活用し、公共交通機関の利用をできるだけ回避した勤務体制を継続させていただきます。

また、外部の方々との面談につきましても、極力電話やWEBを活用していく予定です。

皆様にはご不便をお掛けいたしますが、サービスの質を落とさぬよう努めて参りますので、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

社会生活も金融市場も、暫くはこれから冬を迎える南半球での感染状況を見ながら、次の波に備える数ヶ月になりそうです、

今は何事にも慎重すぎるぐらいが丁度よいと思っています、

寺本名保美

(2020.05.25)



高速逆回転

中国が香港に対し国家安全法の適用を検討しているとの報道に、米国のトランプ政権が強く反発しています。

ファーウェイへの制裁強化、米国市場への中国資本の参入制限、そして香港問題。

2019年9月以降の米中雪解けを、あたかも高速で巻き戻しているような状況に至っています。

ちなみに昨年9月末のS&P500は2976でほぼ足元の水準と同じです。

今後今年1月15日に署名された第一次合意の破棄にまで状況が悪化したとしても、株式市場は既にコロナ問題で水準訂正が終わっていると言えないことはありませんが、そこまで楽観的になるのは時期尚早なのではないかと思っています。

寺本名保美

(2020.05.22)



どこか人ごと

リーマンショック時と今との最大の違いは、起点が金融危機か経済危機かの違いです。

リーマンが破綻した時、速攻でパニックに陥った金融業界に対し、それが実体経済に深刻なダメージとなることを直ぐに想像できた実業者は、恐らく皆無に等しかったと思われます。

今回、経済活動が停止したことにより、実業者達が速攻でパニックになったのに対し、金融業界はどこか楽観的に見ているような印象があります。

人は誰しも、自らのフィルターを通して、世界を俯瞰するものであり、自らが傷んでいれば悲観的に、また自らが健全であれは楽観的に物事を把握する傾向があります。

足下で、実体経済の傷の深さを把握しきれていないにもかかわらず、上値を追っている株式市場を見ていると、今回相対的に傷が浅かった金融業界ならではのバイアスが掛かっているような気がしてなりません。

上がることは嬉しいのですが、あまり調子に乗っていると、後からの災いに足をすくわれそうで心配です。

寺本名保美

(2020.05.21)



バックナンバー
build by phk-imgdiary Ver.1.22